1

アジングするも、まさかの・・・

秋になって夜もすっかり涼しくなってきました。
釣りに出ている人も多く、どこのポイントも人がいる状態です。

そんな秋の大潮の日に、釣りに出かけることに。

ポイントは近場の漁港。
エギングもやろうかと悩みましたが、荷物になるので今回はアジングタックルだけバイクに搭載して出発。
(あとで少し後悔します)

ポイントにつくとすでに先行者がちらほらと。
休日の夜なのに人がいることにびっくり。(人のことは言えませんが)
さっそく1gのジグヘッドをつけてキャスト。
うーん。
渋いです。
アタリがあるんですが、おそらく豆アジ。
相変わらず、コツコツというあたりをかけれないです。

しばらくすると、やっと!
が、釣り上げたところでフックオフ。
地面に落ちてピチピチと暴れて、海へ帰って行きました。
サイズは10cm弱というところでしょうか。
残念ですが、魚がいることはわかったのでキャストを繰り返します。

しかし、全然ダメです。

ちなみに、まわりの釣り人は太刀魚を狙っているようです。
釣れますかー?と声を掛けられましたが、その人はエギングだそう。

少し歩いてポイントを変えてみることに。
(実は太刀魚釣りに来ている集団が騒がしいのと、自分のとなりに来てサビキをボチャンと投げるわで)

ここではアタリもありません。
カウント・角度を変えてみてキャストしますが、全くです。

さらに歩いてポイント移動。
実は最初にこのポイントに入ろうと思ったのですが、先行者がいてポイントに入れない状況だったので。
この時期はほんと釣り人多いです。

さっそくキャスト。
アタリが!
が、掛けることができないです。
掛けてもバラすことが。
そんな感じで渋い釣りが続きます。

目の前をイカ?らしい影が泳いでいきます。
エギングタックル持ってきたらよかったと。

半ば心が折れる音が。
日付も変わるし、そろそろ引き上げようかなと座り込んで釣りを続けていると。

突然!

重い!

根がかりか?

いや、ドラグが鳴ります!

しかも、激しく鳴り続けます。

座り込んでいたので、慌てて立って態勢を整えます。
さらに抜き上げは困難なので階段がある方向に竿を持っていくことに。

よもやのシーバス!?

水面をバシャバシャと暴れます。

ちなみにアジングタックルは、月下美人のソリッド。
ラインはアーマードF+の0.1号。
34の1gのダイヤモンドにジャッカルのペケペケ。

ラインブレイクは覚悟してました。
巻いても巻いてもドラグが鳴り続ける状態でなかなか寄せることができません。

が、

次の瞬間!

フッと軽くなりました。

ラインブレイク?

いや、針が外れたようです。
初めてのシーバス?らしい釣りですが、すごくスリリングでした。
以前も、目の前をシーバスが優雅に泳いでいたのですが相手にしてもらえず。
しばらくの間は心臓の鼓動が聞こえて、手が震えていました。
もう一度!
と思ってキャストを繰り返しますが、細かいアタリしかなくかかりません。

うーん。

ワームの位置を確認しようと手に取ってみると。
10710892_726078974096653_8103805537269029260_n
これでは釣れません。
まさかの針折れ。
これがなければ、もう少しファイトできていたのではという後悔。

実は、34のダイヤモンドヘッドは以前も根がかりしたので引っ張ると針が折れることがありました。
アジング用なのでそこまでの強度を期待するのは間違っているのでしょうが、少し強度も視野にいれて釣りをすべきだなと。

非常に悔しい夜でした。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)