0

尺アジを探しての満月大潮釣行

クリスマスも終わり、いよいよ年末年始です。
釣り納めという人もいると思います。

前回の尺アジを求めて、再チャレンジしてきました。

ポイントは前回と同じ。
この日は満月大潮の日。
満潮から下げのタイミングでポイント入り。

カゴ釣りの方がおられましたが、先端のポイントは空席。
今回も狙ってテトラに立ってみます。
が、風もあり波もありテトラの海面付近は避けざるをえません。

前回は、ぶっ飛びロッカーのF0でしたが、少し沈めたいのでスローシンキングの9.2gをチョイス。
これにがまかつのスイミングコブラ1.5gをセット。
この重さのジグヘッドがスイミングコブラしか手持ちになかったので。
ワームはジャッカルのペケリング3インチノレソレネオン。

シンキングタイプのキャロに少し重めのジグヘッド。
着水後のカウント後もあまり流されることなく釣りができます。

カウントを10〜30で試行錯誤。
数投ごとに20cm程度の細アジが。

さらに風があるのでラインが膨らむのでアクションがしずらいです。
こういう場合は、アクションを意識しないようにすると釣りやすいです。
私の場合、キャストして糸ふけを回収してからカウント中に少しずつラインを出して沈めていきます。
(あまり風がある場合は、フリーフォールではなくラインを張ったままにしてカーブフォールで沈めていきます)
ロッドを縦ではなく、横に向けてラインを張った状態のままリトリーブ&ストップを繰り返します。
こうすることで風のある状況でもアタリが取れます。
テトラ上のような足場の高い釣り場では有効だと思っています。

ここで、ワームをチェンジ。
前回好調だった、ダイワ月下美人ビームスティックの琥珀に!

少しアタリは多くなった気がしますが、それでも数投に1度。
そして釣れるのは同じサイズのアジ。

結局この日はお持ち帰りサイズなしの釣行となりました。

さらに翌日。
今回は夕まずめ狙いで。
潮は上げ潮。

ポイントに着くと誰もいません。
これはついてる!(が、後でこの状況に気づく)

早速、ぶっ飛びロッカーSSにスイミングコブラ1.5。
ワームは月下美人ビームスティックの琥珀。

昨日同様に同じサイズのアジが、数投に一度。

ボトムを探ろうとぶっ飛びロッカーを外して、オーシャンルーラーのレンジキープ3.5gのジグ単に変更。
しかし、アタリが遠のく。
やはりこの重さのジグヘッドではアジは見向きもしないのだろうか。

上げ潮はだんだんと潮位が高くなってくるので怖いです。
あまり釣果もあがらずに、波も高くなってきたので帰宅することに。
釣り場に一人もいないという状況は、釣果に繋がるんですね。

そもそも今回の釣行は満月の大潮なので釣果は、予想どおりといったところ。
2日連続でお持ち帰りサイズが釣れなかったのが残念。
これで2015年の釣りは納め?かもしれません。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)