0

ボトムを意識したアジング

夜釣りをするときは、すっかり肌寒くなりました。
昼と夜との寒暖差が大きくなってきて、昼の服装と夜の服装には注意が必要です。

そんな満月大潮の9月下旬。
先週のアジを求めてアジングに行ってきました。

この日、満月と行っても雲に隠れて月は見えない。
絶好のチャンス?と思い、ポイントに向けて出発です。
いつもなら日付変わる前後にポイントに入るのですが、この日は潮の関係から少し早い時間に。
やはり交通量が少しあり移動に時間がかかりました。

ポイントに入ると、いきなりボトム狙いで落とします。
1gダイヤモンドヘッドとオクトパスぎん。
これは鉄板の組み合わせだと思っています。

前回、ボトムまで落としていると下げ潮の場合には潮がジグヘッドを沖(かけあがり)まで運んでくれる。(そろそろアジング本格化)と書きましたが、この日はイマイチ運ばれませんでした。
それでも、2投目でヒット!
しかも、元気がよく頭をふって走ります。
ドラグを少し緩めにしていたので、ラインが出続けます。
これはダメだと少しドラグを締めて寄せてきます。
足元付近でも左右に振られます。

まさか!?

アジング

やはりこのサイズ!
26cmぐらいです。

幸先いいスタートです。

が、そのあとが続きません。
ボトムを狙っていきますが、根掛かり連発。

表層付近を狙うと、豆アジやネンブツダイ。

そうこうしていると、下げ止まり。
一応サイズのあるアジは釣れたものの、不完全燃焼。

こういうときには、キャロを使って遠投したほうがいいのかもしれません。
ジグ単用タックルだけで来ていたので、次回は両方のタックルを用意して再チャレンジ!

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)