0

ショアジギングとエギングな早朝

この日は若潮。
ずっと夕まずめでの釣行だったわけですが、この日はなぜか朝まずめを狙ってみようと思い立ちました。
朝まずめって過去にいい思い出がなかったりするわけなんですが、なぜかショアジギングは朝まずめという印象がありました。

夜中に起床。
ポイントに向かいます。
途中釣具屋さんによって、必要なものを物色。
ポイントに着いたのがちょうど満潮手前。
4時すぎです。
初めてのポイントなので、場所を探して鎮座。
餌釣りの人がポツポツと。
しかし、アタリがない様子です。

まだ真っ暗なのでとりあえずアジングからスタート。
ぶっ飛びロッカーをつけてキャスト。

風もほとんどなく、潮もうごいてなく、アタリもまったくない。
平和な海です。

だんだんと空が白けてきたので、ショアジギングに切り替え。
まずは40gをセットしてキャスト。
結構深いです。
だいたい15mぐらいはあるでしょうか。
着底してからワンピッチでシャクリます。
・・・・
ジャカジャカ巻してみたり、表層を泳がしてみたり。

深いので60gに変更。
よく飛びます。

そんなわけで2時間ぐらいシャクリ続けました。

着底してワンピッチジャーク。
と、重み。
が引きません。
気のせいかなと思い、ロッドをサビいてみるとやはり重み。
藻?
とりあえず、寄せてくるとエソでした。

そのあとアタリはなく、渡船の往来もありキャストしづらくなったのでアジングに戻ります。

数投しても反応なし。
外海側ではなく、内港側で。
キャストー!
と、同時に飛んでいくぶっ飛びロッカーとジグヘッド。
キャスト切れです。
アーマードFはこういうのがあるんですよね。
ライン変えようと思った瞬間です。
釣行のたびに、リールからラインを数m出してメンテナンスしていればこういうこともないんでしょうけど。

さて時間は朝8時ごろ。
諦めて帰ろうと思いましたが、ポイントを変えてもう少し粘ることに。

近くのポイントについたのですが、下げの6分付近で水深もそこまでない。
というわけで、エギングをすることにしました。
時期的には少し早いと思ったので釣れるとは思っていませんでした。

キャストして底取り。
少し横風があるので、ラインは張り気味にしてシャクリます。
数投キャストしたところで、ロッドに感触が。
すかさずアワセ。

ぐっと重みがあります。
しかし引かない。
また、エソかな。
とりあえず、寄せてきます。
海面に上がってきたのは、ローリングしながら現れたコウイカでした。
釣れると思ってなかったので、タモも手元にないです。
ラインを手にとって抜き上げます。
エギング
なかなかのサイズ。
昨年と同様に春イカシーズンはコウイカからスタートとなりました。
昨年の投稿→春イカを求めてエギング

アワセがばっちり決まったので、気持ちいい一杯でした。

本命のショアジギングの釣果は微妙でしたが、エギングでの釣果があったので満足です。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)