0

バイク釣行は不安がつきもの

バイクで釣行に行くのですが、パックロッドの限界を感じて
2ピースのロッドを手にしてしまってバイク釣行の荷造りについて考えてみました。
ロッドの持っていく方法について。

荷物は最小限なのでクーラーボックスはないです。
ツールを詰め込んだヒップバッグはリアボックスへ。
さて、ロッドをどう収納すべきか。

シート下のヘルメットを引っ掛ける箇所にビニールテープを巻いて移動してましたが、
コンビニや釣具屋で買い物している間の盗難が心配。
そこで、スノーボードの盗難防止の為に使うようなワイヤーロックはどうだろう。
長さも調整できるし、本体をシートしたに収納しておけば2重ロックになる。

ロッドにリールをつけたままなんですが、リールカバーをしているのでバイク車体やリールに傷もつきにくい。

と、シーバス、エギング、アジングと3セットを取り付けてみたところ
多少窮屈ですが、できなくないという結果。

ランガンするときに、現地でラインをセットしてというのが面倒だったのですが、
この方法だとラインやルアーをつけたままでもバイクでランガンできます。

ランガンするときは車よりもバイクのほうが駐車場を気にしなくていいので、便利になりました。

ちなみに、バイクはPCXです。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)