0

ベイトリール初心者がロックフィッシュ用ベイトリールを探してみる2017

ロックフィッシュ用のベイトリールをロックフィッシュ初心者でかつ、ベイトリール初心者がが探して見ました。
一応初心者なので、それほど高価なリールは不要。
もちろん高価なリールがいいにきまっています。
が、初心者としてはやはり価格が気になる。
なので、できるだけ価格を抑えて。

候補にあがったのがこちら。

ダイワ

モデル名 品名 巻取長
cm/回転
ギヤ比 自重(g) 最大
ドラグ力
(kg)
標準
巻糸量
ナイロン
(lb-m)
標準
巻糸量
PE
(号ーm)
ベアリング
(ボール/ローラー)
価格(円)
バレッタ 100H 71 6.3 230 4 12-135m
16-100m
1.5-200m 3/1 9,500
フエゴCT 103H(L) 67 6.3 205 5 12-120m
14-100m
16-85m
5/1 19,400
フエゴCT 103SH(L) 77 7.3 205 5 12-120m
14-100m
16-85m
5/1 19,400
タトゥーラ 103-TW(L) 58 5.5 220 5 12-120m
14-100m
16-85m
7/1 25,000
タトゥーラ 103H-TW(L) 67 6.3 220 5 12-120m
14-100m
16-85m
7/1 25,000
タトゥーラ 103SH-TW(L) 77 7.3 220 5 12-120m
14-100m
16-85m
7/1 25,000
タトゥーラ 103XH-TW(L) 86 8.1 220 5 12-120m
14-100m
16-85m
7/1 25,000
HRF PE 7.3R-TW(L) 77 7.3 225 7 1.5-180m
2-150m
16-85m
7/1 35,500

アブガルシア

モデル名 品名 巻取長
cm/回転
ギヤ比 自重(g) 最大
ドラグ力
(kg)
標準
巻糸量
ナイロン
(lb-m)
標準
巻糸量
PE
(号ーm)
ベアリング
(ボール/ローラー)
価格(円)
Black
Max
AMB.
BLACKMAX(-L)
70 6.4 225 6.8 16-130m 4/1 10,400
REVO
ALT
AMB.
REVO ALT(-L)
66 6.4 179 5.5 16-100m 6/1 23,800
REVO
ALT
AMB.REVO
ALT-HS(-L)
74 7.1 179 5.5 16-100m 6/1 23,800
Revo
BIG
SHOOTER
COMPACT
REVO
BIGSHOOTER
COMPACT(-L)
83 8.0 239 7 16-125m
20-100m
25-85m
7/1 34,500

シマノ

モデル名 品名 巻取長
cm/回転
ギヤ比 自重(g) 最大
ドラグ力
(kg)
標準
巻糸量
ナイロン
(lb-m)
標準
巻糸量
PE
(号ーm)
ベアリング
(ボール/ローラー)
価格(円)
ソルティーワン SALTY ONE
HG(-L)
76 7.1 210 4.5 12-165m
14-145m
16-120m
20-100m
3/1 10,400
ソルティーワン SALTY ONE
PG(-L)
54 5.1 205 4.5 12-165m
14-145m
16-120m
20-100m
3/1 10,400
グラップラー
BB
200HG
(201HG)
77 7.2 185 5.5 1-440
1.5-290m
2-200m
4/1 15,000
シティカ 200
(-L)
67 6.3 210 5.5 12-165m
14-145m
16-120m
20-100m
5/1 21,000
シティカ 200HG
(-L)
77 7.2 210 5.5 12-165m
14-145m
16-120m
20-100m
5/1 21,000
カシータス
MGL
100
(-L)
67 6.3 190 4.5 12-120m
14-100m
16-85m
2/2/1 21,000
カシータス
MGL
100HG
(-L)
77 7.2 190 4.5 12-120m
14-100m
16-85m
2/2/1 21,000
クラド 200PG 59 5.5 210 5.5 12-165m
14-145m
16-120m
20-100m
3/2/1 25,000
クラド 200
(201-L)
67 6.3 210 5.5 12-165m
14-145m
16-120m
20-100m
3/2/1 25,000
クラド 200HG
(-L)
77 7.2 210 5.5 12-165m
14-145m
16-120m
20-100m
3/2/1 25,000
16
スコーピオン
70
(71-L)
63 6.3 190 4.5 12-100m
14-90m
16-80m
7/1 27,000
16
スコーピオン
70HG
(71HG-L)
72 7.2 190 4.5 12-100m
14-90m
16-80m
7/1 27,000
16
スコーピオン
70XG
(71HG-L)
82 8.2 190 4.5 12-100m
14-90m
16-80m
7/1 27,000

tailwalk

モデル名 品名 巻取長
cm/回転
ギヤ比 自重(g) 最大
ドラグ力
(kg)
標準
巻糸量
ナイロン
(lb-m)
標準
巻糸量
PE
(号ーm)
ベアリング
(ボール/ローラー)
価格(円)
FULLRANGE 81R(L) 86 8.1 168 6.5 16-100m 1.5-270m
2-200m
10/1 20,000
FULLRANGE 66R(L) 70 6.6 168 6.5 16-100m 1.5-270m
2-200m
10/1 20,000

tailwalのFULLRANGEがよさそうです。
2017年春に発売されるとのことですが、ネットではまだ見つかりませんでした(記事掲載時)

価格だけだと、ダイワのバレッタかシマノのソルティーワン、アブガルシアのBLACK MAXです。

バレッタは左巻きがないようで、左巻きで使いたい場合はソルティーワンか、BLACK MAXです。
ドラグ力、ライン量、を考慮するとBLACK MAXが良さそう。

ベイトリールによくあるバックラッシュですが、各メーカーともに多種多様なブレーキ機能を搭載してます。
この点は使ってみないとわからないですね。
シマノのDC機種はマイコンで制御するので、性能が良さそうですが価格が高いです。

個人的には、
・巻き取り量が77cm
・軽量ボディ(200g前後)
・ライン量もそこそこ(12lbが150m巻ける)
点から、

カシータスMGL

シティカ

クラド

の3択かなと。

カシータスMGLは、マグナムライトスプールで飛距離がありSVS∞でブレーキ調整も幅広そうです。

NEWマグナムライトスプール
ベイトリールのキャスティング性能を左右するスプールの慣性モーメント。開発ではその減少を目的にスプール胴径へのブランキングや薄肉化を行ってきましたが、「NEWマグナムライトスプール」では、これまで技術的に不可能とされてきたスプール側面への穴開けに成功。当社比で慣性モーメントの約10%ダウンを達成し、実に約20%の飛距離アップをマークしました。

NEW SVS∞(インフィニティ)
「NEW SVS∞(インフィニティ)」は遠心力ブレーキでありながら、外部ダイアルの調整のみでほとんどのシチュエーションに対応できるブレーキ調整幅を実現しています。キャスティング時にブレーキシュー4個をオンにしておけば、内部ブレーキシューの調整は必要ありません。より細かなセッティングが必要な時には、内部ブレーキシューでの微調整が可能です。(出荷時のブレーキシューは4個オンの状態です。)

が、カシータスMGLはHAGANEボディではないようで、ボディが弱いとの噂もあります。

その点、シティカとクラドはHAGANEボディで、X-SHIP搭載。

“HAGANE”ボディ
“HAGANE”ボディとは、高い剛性を持つ金属のボディ。不意の衝撃にも耐える剛性・耐衝撃性を確保し、たわみを最小限に抑えることでアングラーのチカラを巻き上げる「力」へと変換します。

X-SHIP
入力したパワーを効率よく伝達し、より強力な巻き上げを可能にするギアシステム。ギアの大型化、最適配置の見直し、歯面精度や支持性能の向上によって軽やかなリーリングを実現します。

シティカとクラドの違い。
シティカはエスケープハッチ搭載で、クラドはS A-RB搭載。
ソルトという点を考えると、S A-RB搭載のクラドがいいかもですね。

エスケープハッチ
レバーを押し下げることでロックが解除。ワンタッチでサイドプレートがオープンできる機構です。

S A-RB
業界初の「表面改質」により「不動態層」を形成し、錆を寄せつけないベアリングを実現したのがA-RB。さらに、その側面を防錆素材でシーリングし、ベアリング内部での塩分再結晶化による塩ガミを大幅に減少させたのがSA-RBです。

旧スコーピオンがあれば、糸巻き量もシティカ、クラドと同じナイロン3号が165m巻けて、ベアリング全てがSA-RBなので候補にいれれます。

ここまできてしまうと、アブガルシアのBIGSHOOTER COMPACTが視野にいれれます。

このリールは、ロックフィッシュ用ベイトリールを調べているとだいたいオススメされています。
ラインキャパシティがあること
巻き取りが83cmあること
ドラグ力が7kgあること
ハンドルがパワーハンドルであること
などが理由だそうです。

探していると、少しずつ価格帯があがってしまうのは悩みのタネです。
しかし、新しいギアを購入するときに、あれこれ考えるのは楽しいですね。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)