0

Mキャロの沈降

キャロと言えば、Mキャロ!
そういう時期が私にもありました。

そんなわけで、Mキャロの沈降時の動きをチェックしてみたいと思います。

まずはミニMキャロ。

水槽の深さが足りないので、まっすぐ落ちているように見えます。
が、少し沈降したあと角度を変えているのが分かると思います。(動画の30秒付近)
深い場所だと、しっかりとスライドフォールしてくれそうです。
TICT社の本家動画はこちら↓

続いて定番のMキャロ。
なんですが、手持ちにN(ノーマル)とL(ロング)しかありませんでした。
TICT Mキャロ
Sはスライド量が一番少ないタイプになるので、水槽ではあまり意味がないかもしれませんが。

それでは、早速落としてみます。
まずはNタイプ。

気持ちスライドして沈降していきますね。

続いて、Lタイプ。

あれ?
バックスライドではなく、ほぼ真っすぐ落ちているように見えます。
(動画の最初にスライド姿勢なのは、おそらく投入姿勢の影響かと)
何度か試しましたが、同じ姿勢で着底です。

そこで、NタイプとLタイプを同時に沈めて比較してみます。

うーん。
やっぱりLタイプはほぼ真っすぐ落ちています。
Nタイプは少しだけですがスライド姿勢です。
TICT Mキャロ
(左に着底しているのがLタイプ、右に着底しているのがNタイプ)
着底した状態でこれだけ違いがあります。

もしかすると、Lタイプは単純に水深が足りないのかもしれません。
もっと深い場所だとしっかりとスライドしてくれるのかもしれません。
今回の実験結果だとこういう結果になってしまいましたが、海だと違うのでしょう。
ちなみに、TICT社の本家動画ではしっかりとスライドしています。

全然違います。
たぶん、本家動画の動きが正しい動きなんでしょう。

個人的に、Mキャロは糸絡みが多いのであまり使わなくなりました。
たぶんキャストするやり方が下手くそなんです。
ラインを通すストローのような箇所の口が切れてラインが挟まってたり、バックスライド中に糸絡みが怒って回収するとラインが絡まっていたりと。
私の使い方が悪いだけなのでしょうけど、相性がよくない気がします。
それでも、アジが釣れたことがあるんで常備はしています。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

TICT(ティクト) Mキャロ Ver2 5.3g S 2110

TICT(ティクト) Mキャロ Ver2 5.3g S 2110
価格:607円(税込、送料別)

TICT(ティクト) Mキャロ Ver2 8.0g N 2110

TICT(ティクト) Mキャロ Ver2 8.0g N 2110
価格:607円(税込、送料別)

TICT(ティクト) Mキャロ Ver2 5.3g L 2110

TICT(ティクト) Mキャロ Ver2 5.3g L 2110
価格:607円(税込、送料別)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)