0

釣果写真の撮影について考えてみた

釣りに行って釣った魚の写真って撮影していますか?
最近はブログ用だったり、TwitterなどのSNS用に撮影して公開している人も少なくないと思います。
かくいう私もこのブログ用に撮影しています。
今回は釣りと直接関係ないような、あるようなそんな釣果写真の撮影についてのことです。

撮影にはスマートフォンを使っている人が多数ですよね。
私はiPhoneユーザーなので、iPhoneで撮影してSNSに公開などをやってきました。
が、釣った直後に撮影をするのは気が引けます。
なぜか。
iPhoneが魚臭くならないか心配だからです。
iPhoneには防水機能はないので、こういうときに不便です。
過去に夏場にパンツのポケットにiPhoneを入れて旅行していたときに、汗の湿気でSIMカードを認識しなくなることがありました。
iPhoneは湿気でもダメっぽいです。
あと、知人と釣りをして海にスマートフォンをポチャんと。
常にボディバッグなどに入れておいて、なるべく出さないようにしてます。

なので、最近の記事も帰宅してまな板の上で魚を並べるという撮影方法だったりするわけです。

別に不便というわけでもないのですが、もう少し何かないのかなと。
スノーボードで使う用に購入した防水機能デジカメはありますが、いちいちパソコンを使って取り込んでという作業はおっくうです。
防水デジカメ
OLYMPUS Tough TG-310という機種ですが、発売から4年超経過しているモデルです。
特に高スペックというデジカメではなく、最近のスマホのほうが綺麗に撮影できると思います。

そこでwifi機能付のSDカードです。
デジカメとスマートフォンをwifi接続でつないで写真を転送するという。
これなら首からデジカメをぶら下げておいて、釣った魚を汚れた手で撮影しても問題ない!雨の撮影でも問題ない!

というわけで、ポチりました。
FlashAir


※このモデルは旧モデルです。
新モデルとの違いはFlashAirドライブ(WebDAV)に対応しているかどうかです。
詳細は→FlashAirドライブ
新モデルは少し高くなります。

FlashAirというSDカードです。お試しで8GB。
これを使えば、デジカメで撮影した写真をiPhoneに転送して、転送した写真をSNSに公開できます。
ただGPS機能がないデジカメの場合、GPS情報を写真につけることができないのが難点です。(購入後に気づきました)

GPS搭載デジカメ(wifi機能なし)

もちろんwifi機能付デジカメもあります。

私の場合はすでに防水デジカメがあるのでFlashAirという選択肢だったのですが、他にもミラーレス機もありますのでそちらでも使える。という理由でもあります。

ちなみにAndroidスマートフォンなら防水機能もあるし、iPhoneでも防水ケースをつければという声が聞こえそうですが、あえてデジカメ撮影にこだわる人、今持っているデジカメを有効活用したい人用だと思います。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)