0

地磯でショアジギング

お盆のお休みが終わって、仕事が始まったという人も多いのではないでしょうか。
長期連休だったと人もいれば、休みがなかった人も。
私も例年どおり、休みということもなく仕事でした。

それでも、最終日の日曜に海水浴に行くことになりました。
海に行くのですから、釣りをしないわけにはいかない。
というわけで、ショアジギングを!

海水浴は夕方まで楽しんで、それから釣り開始。
ちょうど地磯ポイントがあったので、そこに移動することに。

地磯に入るのは初めてで、釣り番組とかでみるような地磯。
これは期待できる!

とりあえず、水深と藻の状況を確認する意味でジグパラの40gを。
ジグパラの60gはセミロングでアシストフックのみ。
リアフックがないので根がかりしにくいです。

キャストして水深は約15mぐらい。
そこからジャカジャカ巻、ワンピッチと試してみます。

反応もないので、ジグを変更。
リアフック有りのブランカに変更。
ブランカはスイミングジグなので、基本早巻き。
シャクるとかなりの確率でリアフックとからまり、何かが掛かった?と錯覚するぐらいに水の抵抗を受け重くなります。

リアフック有りのジグでは、ジャークをすると絡まってしまうことが多々。
リズム感が大事だそうで、ジャークとリールの回転の息が合ってないとジャークしたときにたるんでしまったライン(リーダー)に絡まってしまいます。

しかし平和な海は、平穏を保ち続けます。
結局、最後まで平静を保ち続けられて納竿。

でも、このポイントはすごく釣れそうな雰囲気がします。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)