1

ショアジギング初心者がショアジギング用のリールを考える 2015

ショアジギング用にロッドを購入しました。(初心者向けショアジギングロッドを考える 2015)
まだ、届いていませんが。
次はリールです。
以前、購入したエクスセンスBB 4000HGM(シーバス、ライトショアジギング用に新リール!エクスセンスBB 4000HGM)はライトショアジギング用兼シーバス用で使っているのですが、コルトスナイパーBB S1000Hに合わせるのは難しいです。

条件としては、
1.PE2号もしくはPE2.5号が300m巻ける。
→仮に100m(理想)飛ばせるとして、そこから沈めます。ここまでで150mぐらいはラインが出ます。(水深にもよりますが風の影響も含めて)合わせると多めに見積もっても200mは最低ラインです。
さらに対象魚が青物ということで、魚がかかった後に走ることも想定してさらにラインが出ます。なので300mはあれば十分かと。
2.巻取りが1m/1回転は欲しい。
→巻取り回数は多いよりは少ないほうが疲労が少ないという判断。
3.それなりのドラグ性能
→対象魚が青物なので、走られても対応できるように。
4.予算は1万円代前後以内
→初心者なので高級機は要らない。あと、上位機種に変えたときに変化を楽しみたいので。

初心者が思いつく範囲はこれぐらいです。
この条件を元にショアジギング初心者が選ぶ、初心者向けリールを探してみたいと思います。

ダイワとシマノで価格帯と糸巻き量を条件に選定してみました。

品名 型番 巻り量
(cm/回転)
自重
(g)
(実用)
ドラグ力
(kg)
糸巻量
(m)
ベアリング
(個)
価格 HP Amazon価格
(2015/4/16現在)
ダイワ
レブロス 3500 83 370 6 2-300 4/1 9800 HP 7,578
レブロス 4000 87 365 6 2.5-300 4/1 9800 HP 7,813
エクセラー 3500 83 375 6 2-300 4/1 12500 HP 9,240
エクセラー 4000 87 380 6 2.5-300 4/1 12500 HP 8,280
クレスト 3500 83 405 6 2-300 5/1 HP 5,111
クレスト 4000 86 405 6 2.5-300 5/1 HP 4,831
クレスト 4000H 94 405 6 2.5-300 5/1 HP 4,612
リバティクラブ 3500 83 405 6 2-300 3/1 HP 4,753
リバティクラブ 4000 86 405 6 2.5-300 3/1 HP 5,191
フリームス 3500 83 400 8 2-300 4/1 18600 HP 12,728
フリームス 4000 87 405 8 2.5-300 4/1 18600 HP 13,599
ヴァデル 3500 83 410 8 2-300 4/1 20500 HP 15,368
ヴァデル 3500H 97 410 8 2-300 4/1 20500 HP 15,368
ヴァデル 4000 87 415 8 2.5-300 4/1 20500 HP 15,368
ヴァデル 4000H 101 415 8 2.5-300 4/1 20500 HP 15,368
カルディア 4000 87 355 8 2.5-300 6/1 28000 HP 18,133
品名 型番 巻り量
(cm/回転)
自重
(g)
(実用)
ドラグ力
(kg)
糸巻量
(m)
ベアリング
(個)
価格 HP Amazon価格
(2015/4/16現在)
シマノ
エアノスXT 5000 82 340 4 2-350 3/1 HP 5,782
エアノスXT 5000PG 82 380 4 2-350 3/1 HP 6,683
サハラ C5000 76 340 6 2-320 3/1 9000 HP 6,727
ナスキー C5000 80 325 6 2-320 4/1 12100 HP 9,077
スフェロスSW 5000HG 97 495 5 2-350 4/1 16000 HP 10,881
スフェロスSW 6000HG 103 505 5 3-300 4/1 16000 HP 12,096
スフェロスSW 6000PG 83 505 5 3-300 4/1 16000 HP 12,090
AR-C AERO BB 5000HG 104 330 5 2-350 5/1 20000 HP 14,828
バイオマスター C5000 81 310 5.5 2-320 6/1 24200 HP 16,707
バイオマスターSW 5000XG 105 315 5.5 2-350 6/1 29400 HP 20,803
バイオマスターSW 5000PG 81 315 5.5 2-350 6/1 29400 HP 20,117

調べてみると安く手に入れようとするとダイワのリールがいいようです。
1回転当たり巻取り量も考慮すると、クレスト4000Hが一番安く目的のリールになりそうです。
PEラインと合わせても1万円程度でおさまるのがお手軽でいいです。

<機能>
・ABSII
・デジギヤII
・クロスラップ
・ツイストバスターII
機能も最低限の機能は搭載されています。
しかし、ドラグ性能が未知数です。
そもそもドラグ性能とは何?という状態な私なのです。
ドラグ性能が足りないことにより、困ったという経験がありません。
経験がないのでドラグを語ることはできませんが、調べてみると青物はドラグ性能が重要。
クレスト4000Hにした場合、壊れることも想定して使う必要があるみたいです。
でも、この価格なら諦めがつきます。

追記:新モデル出ました。

メンテナンス性はシマノのイージーメンテナンスが簡単でいいので、シマノ製リールなら
AR-CエアロBBが軽いし巻取りもありいいです!
クレストが3台買える価格ですが、クレストより70gほど軽く巻き取りも10cm多いので候補です。

<機能>
・X-SHIP
・AR-Cスプール
・S A-RB
・SR-ワンピースベール
・イージーメンテナンスシステム
・エアロラップ

もう少しがんばればバイオマスターSWも届きますけど、ここは区切りが大事なので今回は見送り。
リールの予算が2万円という人は、バイオマスターSW一択でいいと思います。
軽いし、巻取りもあるし、ベアリングも6個搭載してるし。

気になっているのは、ダイワからの新モデルヴァデル。

<機能>
・MAGSEALED
・エアローター
・アルティメットトーナメントドラグ
・スーパーメタルボディ
・ABSII
・デジギヤII
・エアベール
・ツイストバスターII
・パワーライトノブ
・折りたたみ式アルミマシンカットハンドル
マグシールド搭載機種でこの価格。
フリームスも新モデルからマグシールド搭載していますが、巻取量でヴァデルに軍配。
ベアリングが4個ということで少し少ないです。
ベアリングの数だけならクレストがコストパフォーマンス高いです。

シマノのショアジギング用モデルのスフェロスSWもありますが、重いです。
ロッドが500gとすると、スフェロスSWと合わせると1kgにもなります。

安価にすませるならクレスト4000Hで決まりです。
使い心地、耐久性、メンテナンス性も考慮すると、
ダイワ → ヴァデル4000H
シマノ → AR-CエアロBB 5000HG
AR-CエアロBBよりはヴァデルのほうが耐久性はありそうな見た目です。
飛距離はAR-CエアロBBのほうが出そうです。

しかし、リールはそれだけでは釣りになりません。
ラインが必要です。
PEラインで2号から3号の300mはだいたい4,5000円といったあたりです。
つまり、リール本体とPEラインと合わせると2万円です。
バイオマスターSWが買えちゃいます。
これは困った。

現在バイオマスターSWは13年のモデルです。
しかし、ヴァデルは15年モデルと発売されたばかり。
AR-CエアロBBは14年モデルと少し前。

新しい物ほど機能は充実している。
この理論から、ヴァデルが機能が充実していて価格も相応ではないか。

本当に初心者で、安く道具を揃えたい!
ということならクレスト一択だと思います。
安い道具を揃えてから、必要になったら装備を揃えていく。これでいいと考えます。
免許を取って、いきなり高級車に乗ると高級車の良さが分かりません。
良さを理解した上で、道具を選ぶ。これが大事だと思うし、楽しさだと思います。
もちろん、お金が余って仕方がないということなら話しは別ですが。

とりあえず、おおよそ候補は絞れたので、週末にでも実機触ってくるくる回してみます。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

【ダイワ】クレスト 4000H

【ダイワ】クレスト 4000H
価格:5,400円(税込、送料別)

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)