0

クーラーボックスクールラインⅡ GU 1300の保冷力

引越しの準備でバタバタしていて釣り行く暇のないここ最近。

ネタがない!

というわけで、
引越しする時に冷蔵庫の電源って前日には抜いておきますよね。
そこで以前購入したクーラーボックス(ダイワ クールラインⅡ GU 1300購入!)で冷蔵庫の中身を入れて保冷力をテストしてみることに。

まず、冷蔵庫の電源を抜いたタイミングでクーラーボックスに入れます。
このとき午後10時ごろ。
このときの温度測っておけばよかったです。

冷却として簡易保冷剤とペットボトルに水を入れて凍らせておいたもの。

心配なのはマーガリン。
そのほかは、液体のものなのでこぼれなければどうと言うことはない。
マーガリンが溶けるかが心配。

そのまま翌日引越し作業。
ほとんど車の中に置いていました。
天気は晴れのち曇り。
気温は最低18度、最高24度。

引越し終わって冷蔵庫の電源を入れて冷えてきたが18時ごろ。
時間にして20時間。
クーラーボックスの中身はどうなっているのか?
マーガリンは無事なのか。

結果、無事でした。
入れておいたものはこれだけ。
クーラーボックス保冷力

開けたときのクーラーボックス内の温度は17度くらい。
クーラーボックス保冷力

ペットボトルの氷は少し溶けていました。
クーラーボックス保冷力

さすがに冷蔵庫と同じ温度とまではいきませんでしたが、そのまま放置するよりはよかったです。
真夏日ではなかったのと、車内と部屋の中という日蔭という条件だったので、これからの季節に釣り場では氷などの冷却元をしっかりしていれば1日ぐらいなら保冷してくれそうです。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)