3

アジング初心者がアジングロッド考察してみた 2015

アジングでアジが釣れない理由を考えた結果、タックルチョイスが問題だった。(と道具のせいにする三流)
という結論に至ったわけですが、アジングロッドを選ぶにあたってどれを選べばいいのか。

初心者が考察してみました。

まず、ソリッドとチューブラーという大きな選択があります。
この違いについては、簡単に言うと

チューブラーは
空洞で硬い。
tubular

ロッドが曲がったイメージは
tubular
※赤い線はラインです
ロッド全体が曲がります。
重いジグヘッドやキャロなどを扱うときに操作性がいいです。
逆に軽いジグヘッドを扱うときには繊細な動きが要求されます。
アタリに対して積極的にアワセをするのが好きならチューブラー。
釣った!という印象が強く味わえます。

ソリッドは
チューブラーの穂先を切り取って高弾性素材を付けたようなもので柔らかい。
solid

ロッドが曲がったイメージは
solid
※赤い線はラインです
穂先が柔らかいので、アジがジグヘッドを吸い込むと同時に穂先が曲がり反発で戻るときに自動的にフッキングが決まります。

ラインを伝わる感度は、チューブラーがいいです。

私が最初に買ったアジングロッドが、月下美人AJING 611L-Sです。
ソリッドティップなのですが、アジングするには十分だと思っています。
豆アジから大アジまで幅広く掛けることができます。

そのあとに買ったキャロ用アジングロッドは、月下美人MX AJING 711ML-T。
チューブラートップで長さもあるので、キャロなどの遠投性があります。
豆アジは弾く傾向がありますが、大アジは安心して掛けれます。
冬の風が強い時期の沖の大アジ狙いには活躍してくれる!(と期待)

20cmないぐらいのアジを寄せてくるときに、表層に出して暴れさせてしまうとチューブラーはバレルことが多いです。
穂先が硬い為暴れるアジの衝撃を吸収できないので、足元までは海面に出さないようにして寄せる必要があります。
逆にソリッドは暴れても穂先が衝撃を吸収するので、多少大丈夫な傾向があります。
釣り方次第です。

軽いジグ単をメインに使っていきたいのなら、ソリッドティップの短めのロッド。
重いジグをメインに使っていきたいのなら、チューブラーティップの長めのロッド。
これらを元に選択していけばいいと思います。

1ピースは実用性的にないと思うので、除外しています。

DAIWA

種類 品名 標準
全長
(m)
標準
自重
(g)
ルアー
重量
(g)
ライン
ナイロン
(lb.)
ライン
PE
(号)
価格
(円)
HP
月下美人 AJING 611L-S 2.11 88 0.5~8 1.5~3 0.15~0.4 13500 HP
月下美人 AJING 71UL-S 2.16 91 0.5~4 1~3 0.15~0.3 14200 HP
月下美人 AJING 74L-S 2.24 92 0.6~10 1.5~3 0.15~0.4 14500 HP
月下美人MX AJING 611L-S 2.11 76 0.5~8 1.5~3 0.15~0.4 24400 HP
月下美人MX AJING 71UL-S 2.16 80 0.5~4 1~3 0.15~0.3 25000 HP
月下美人MX AJING 74L-S 2.24 81 0.6~10 1.5~3 0.15~0.4 25800 HP
月下美人MX AJING 711ML-T 2.41 90 1~12 2~4 0.2~0.4 27200 HP
月下美人MX AJING 86ML-T 2.59 115 1~12 2~4 0.2~0.4 28500 HP

SHIMANO

種類 品名 標準
全長
(m)
標準
自重
(g)
ルアー
重量
(g)
ライン
ナイロン
(lb.)
ライン
PE
(号)
価格
(円)
HP
ソルティー
アドバンス
ライトゲーム
S706UL-S
2.29 90 0.6~10 2~6 0.3~0.8 11150 HP
ソルティー
アドバンス
ライトゲーム
S706UL-T
2.29 90 0.8~12 2~6 0.3~0.8 10700 HP
ソアレ BB S610LT 2.08 85 0.5~10 1.5~4 0.3~0.6 14200 HP
ソアレ BB S704LT 2.24 93 0.5~10 1.5~4 0.3~0.6 14700 HP
ソアレ BB S700ULS 2.14 85 0.6~7 2~6 0.3~0.8 14200 HP
ソアレ BB S700ULT 2.14 85 0.8~7 2~6 0.3~0.8 13700 HP
ソアレ BB S706ULS 2.29 95 0.6~10 2~6 0.3~0.8 14700 HP
ソアレ BB S706ULT 2.29 95 0.8~10 2~6 0.3~0.8 14200 HP
ソアレ BB S800ULS 2.44 100 0.6~10 2~6 0.3~0.8 15300 HP
ソアレ BB S800LT 2.44 105 0.8~14 2~8 0.4~0.8 15800 HP
ソアレ BB S806LT 2.59 110 0.8~14 2~8 0.4~0.8 16800 HP
ソアレ SS AJING S608ULS 2.03 74 0.4~6 0.1~0.4 1~3 25000 HP
ソアレ SS AJING S702ULS 2.18 81 0.4~6 0.1~0.4 1~3 25500 HP
ソアレ SS AJING S604LS 1.93 68 0.6~12 0.1~0.6 1.5~4 25000 HP
ソアレ SS AJING S610LS 2.08 72 0.6~12 0.1~0.6 1.5~4 25500 HP
ソアレ SS AJING S704LS 2.24 77 0.6~12 0.1~0.6 1.5~4 26000 HP
ソアレ SS AJING S710LS 2.39 82 0.6~12 0.1~0.6 1.5~4 26500 HP

MajorCraft

種類 品名 標準
全長
(m)
標準
自重
(g)
ルアー
重量
(g)
ライン
ナイロン
(lb.)
ライン
PE
(号)
価格
(円)
HP
ソルパラ SPS-S662AJI 2.01 0.6-10 2-6 0.3-0.8 7900 HP
ソルパラ SPS-S702AJI 2.13 0.6-10 2-6 0.3-0.8 8000 HP
ソルパラ SPS-S762SJI 2.37 0.6-10 2-6 0.3-0.8 8300 HP
クロスステージ CRS-S692AJI 2.10 0.5-5 1-4 10500 HP
クロスステージ CRS-S732AJI 2.22 0.5-5 1-4 10800 HP
クロスステージ CRS-S782AJI 2.37 0.5-5 1-4 11000 HP
クロスステージ CRS-692AJI 2.10 0.5-7 1-5 10500 HP
クロスステージ CRS-732AJI 2.22 0.5-7 1-5 10800 HP
クロスステージ CRS-782AJI 2.37 0.5-7 1-5 11000 HP
クロスステージ
Kガイド
CRK-S692AJI 2.10 0.6-10 2-6 0.3-.0.8 11900 HP
クロスステージ
Kガイド
CRK-S732AJI 2.22 0.6-10 2-6 0.3-.0.8 12200 HP
クロスステージ
Kガイド
CRK-S782AJI 2.37 0.6-10 2-6 0.3-.0.8 12700 HP
クロスステージ
Kガイド
CRK-692AJI 2.10 0.5-8 1-5 0.2-0.6 11900 HP
クロスステージ
Kガイド
CRK-732AJI 2.22 0.5-8 1-5 0.2-0.6 12200 HP
クロスステージ
Kガイド
CRK-782AJI 2.37 0.5-8 1-5 0.2-0.6 12700 HP
スカイロード SKR-S682AJI 2.10 0.6-10 0.3-0.8 15300 HP
スカイロード SKR-S742AJI 2.22 0.6-10 0.3-0.8 15500 HP
スカイロード SKR-S782AJI 2.37 0.6-10 0.3-0.8 16000 HP
N-ONE NSL-S562AJI 1.70 0.6-10 1-5 0.1-0.6 19800 HP
N-ONE NSL-S642AJI 1.95 0.6-10 1-5 0.1-0.6 20500 HP
N-ONE NSL-S682AJI 2.07 0.6-10 1-5 0.1-0.6 20800 HP
N-ONE NSL-S742AJI 2.25 0.6-10 1-5 0.1-0.6 21300 HP
N-ONE NSL-S662H/AJI 2.01 0.8-12 1-5 0.2-0.6 20800 HP
N-ONE NSL-T682AJI 2.07 0.6-10 1-5 0.1-0.6 20800 HP

※クロスステージのKが付いていないモデルはKガイドではないので注意。

AbuGarcia

種類 品名 標準
全長
(m)
標準
自重
(g)
ルアー
重量
(g)
ライン
ナイロン
(lb.)
ライン
PE
(号)
価格
(円)
HP
Salty Stage AJI SAS-672LS 2.007 85 0.5-8 2-5 0.3-0.8 17000 HP
Salty Stage AJI SAS-772LT 2.311 98 0.6-8 2-5 0.3-0.8 17500 HP
SALTYSTAGE KR-X
Ajing Custom
SXAS-5102LSS-KR 1.78 77 0.1~10 1~3 0.1~1 22400 HP
SALTYSTAGE KR-X
Ajing Custom
SXAS-552LSS-KR 1.65 75 0.1~10 1~3 0.1~1 22400 HP
SALTYSTAGE KR-X
Ajing Custom
SXAS-672LSS-KR 2.007 80 0.1~10 1~3 0.1~0.5 21400 HP
SALTYSTAGE KR-X
Ajing Custom
SXAS-6102LSS-KR 2.083 85 0.1~10 1~3 0.1~0.5 21400 HP
SALTYSTAGE KR-X
Ajing Custom
SXAS-742MHSS-KR 2.235 92 0.2~15 1~4 0.1~0.5 21400 HP
SALTYSTAGE KR-X
Ajing Custom
SXAS-772LT-KR 2.311 92 0.1~10 1~3 0.1~0.5 21400 HP

OLYMPIC

種類 品名 標準
全長
(m)
標準
自重
(g)
ルアー
重量
(g)
ライン
ナイロン
(lb.)
ライン
PE
(号)
価格
(円)
HP
コルトEX GOCXS-642L-HS 1.93 78 0.4-5 1-6 16200 HP
コルトEX GOCXS-672L-HS 2.01 79 0.4-5 1-6 16300 HP
コルトEX GOCXS-6102L-T 2.08 81 0.6-8 2-6 16500 HP
コルトEX GOCXS-732UL-T 2.21 87 0.6-8 2-6 0.3-0.8 16800 HP
コルトEX GOCXS-762UL-T 2.29 89 0.6-8 2-6 0.3-0.8 17400 HP
コルトEX GOCXS-792UL-T 2.36 92 0.6-8 2-6 0.3-0.8 18000 HP
コルトEX GOCXS-792L-HS 2.36 95 0.6-8 2-6 0.3-0.8 18000 HP

tailwalk

種類 品名 標準
全長
(m)
標準
自重
(g)
ルアー
重量
(g)
ライン
ナイロン
(lb.)
ライン
PE
(号)
価格
(円)
HP
SALTYSHAPE DASH AJI 511/SL 1.55 66 MAX3 0.2-0.4 20000 HP
SALTYSHAPE DASH AJI 63/SL 1.92 68 MAX3 0.2-0.4 20000 HP
SALTYSHAPE DASH AJI 68/SL 2.07 70 MAX3 0.2-0.4 20000 HP
SALTYSHAPE DASH AJI 71/SL 2.16 76 MAX4 0.2-0.4 21000 HP

TICT

種類 品名 標準
全長
(m)
標準
自重
(g)
ルアー
重量
(g)
ライン
MONO
(lb.)
ライン
PE
(号)
価格
(円)
HP
INBITE IB-63TB 190 81 0-5 0.8-3 27300 HP
INBITE IB-63CS 190 88 0-5 0.8-3 28000 HP

34

種類 品名 標準
全長
(m)
標準
自重
(g)
ルアー
重量
(g)
ライン
MONO
(lb.)
ライン
PE
(号)
価格
(円)
HP
GUIDEPOST LHR-62 188 0.3-2 0.9-2 18500 HP

※黄色がソリッドティップのロッドです。

アジングのロッドは、スペックだけで見ても分からないこともあります。
まず1つは、ロッド自体の柔らかさです。
先に記載していますが、一般的にソリッドは柔らかく食い込みがいい。
チューブラーは硬くて弾く。
というのが言われていますが、最近はチューブラーでも柔らかいものがあります。
これは、店頭で振ってみないと分からない部分です。
柔らかいのでアジの食いに対して弾くこと無くアワセができるということができるわけです。

あとはリールとのバランスです。
1g以下のジグヘッドも扱うことがあるので、先重りしないバランスが大事です。
なので、自重が軽いほうがいいのですが、かならずしも軽いほうが正解というわけでもありません。
最近のアジングタックルは軽い方がいいという傾向があります。
実際のところ軽いといっても、10g軽いからどうかということはないと思うのが持論です。
手持ちのリールに合わせるのか、ロッドと同時に購入して合わせるのか。
ちなみに、TICTのロッドのようにロッドエンド(ロッドのお尻部分)にオモリを取り付けて先重り感を無くすということもできるものもあります。

適合ルアーは1g以下を扱うこともあるので、「0.5gから」となっているものがいいです。
TICTのINBITEは0gからとなっていますが、どういう使い心地なのか使ったことがないので評価できませんが、アリだと思います。
ジグヘッドメインなら3gまでのものでもいいです。
アジングロッドが初めてのロッドということであれば、7gぐらいまで使えると後々メタルジグを投げる場面などに重宝すると思います。
使うラインが極細エステルラインならば、ジグヘッド単体として割り切ってしまってもいいです。

個人的に、初心者にオススメなのは私も使っている月下美人611L-Sでしょうか。
購入時のインプレはこちら→月下美人アジング 611L-S インプレッション
標準価格よりもかなり値引きになっている場合も多く、お店によってはセール時期に見ると1万円を切っていることもあり最初の1本にはちょうどいいです。

Amazonでも1万円程度です。
また、ソリッドティップで釣りやすいと思います。
アジ以外にも、メバル(25cm)(釣果日記)やグレ(30cm)(釣果日記)も釣ったことがあります。()
適合ルアーも0.5gから8gなので1本でいろいろな釣りが楽しめると思います。
長さも波止や漁港内で使いやすい長さです。
私が使っているアルテグラ1000Sと合わせると少し先重りがするので、注意が必要です。
リール自体を重くしてバランスをとるよりも、ロッドエンドに重りなどをつけて調整したほうがいいですね。

気になっているのが、34から今年発売されたばかりのGUIDEPOST。
34のロッドは初心者の人にはなかなか手が出しにくい価格帯なのですが、このロッドは入門用という位置づけで価格も抑えてきています。

メジャークラフトはアジングロッドの種類が多いです。
その他にもKGライツなど多種多様なロッドが出ています。
エギングで使っているクロスステージ(モバイル)も使っていて問題ないです。
新商品であるN-ONEのナノパワー。一体どういものなのか。
軽量化と剛性アップに貢献している技術だそうなのですが、メジャークラフトは重量を公表していないので不明です。

予算が1万円以下ならソルパラです。

1万円前後なら、月下美人。

2万円前後なら、在庫があれば34のGUIDEPOST。

このあたりが選択として、初心者としていいのではないでしょうか。
実際に店頭で手にとって振ってみたり、知り合いにアジングされている人がいれば評価を聞いてみるのもいいかもしれません。
手軽に始めれるアジングなので価格も手軽に始めたいのが初心者だと思うので、参考になれば幸いです。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ

3 Comments

  1. すいません、余計なお世話かもしれませんが、チューブラーは空洞、ソリッドは先が詰まってます

    • ご指摘ありがとうございます。
      すいません、認識間違っていました(汗
      修正しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)