2

アジングワームの動きを見てみる JACKALLペケリング 2インチ

恒例?アジングワームの動き企画です。

今回は、最近出番が多いJACKALLのペケリング2インチ。
ジグヘッドは特にコレ!と決めていないのですが、捕食する魚のサイズが小さいとき、イマイチのらないとき、表層の釣りをするときに2インチを使うことが多いです。

そんなペケリングのワームの動きをチェック!

テストの方法などは初回のテスト記事へ(アジングワームの動きを見てみる TICTギョピン)

見せてもらおうか、ペケリング(2インチ)の動きの性能とやらを。

まずはTICT VRヘッド0.4に付けてチェック。

テールがよく動いています。
本体となる部分とテール部分が分かれているような形状なので、ジグヘッドがあまり動いていなくても、テールがしっかりと流れにのっています。

続いて、34ストリームヘッド0.5gに。

ストリームヘッドになると角度が水平になるので、テールが軽い分動きの基準が水平位置になっています。
ストリームヘッド、VRヘッドともに2インチという短さだとフック部分以外のテール部分の動きが目立ちますね。

ペケリングという形状はワームの後方にリングの波動が出るそうなんですが、これを視覚的にどうテストすればいいのか。
今回のテスト方法ではよくわかりませんでした。
何か方法を思いついたらテストしてみたいです。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

2 Comments

  1. 水流起こしてるモーターのところからすぽいととかで色水送ってみるとか、、、どうですかね?;^_^A

    • >ギルマスターさん
      スポイト!そういう発想なかったです。
      アイディアありがとうございます。
      試してみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)