0

アジングワームの動きを見てみる 34メデューサ

恒例?アジングワームの動き企画です。

今回は、34メデューサ。
長さが2.8インチと長いです。
実はあまり使うことないんです。

でも、気になるのでチェックしてみました。

テストの方法などは初回のテスト記事へ(アジングワームの動きを見てみる TICTギョピン)

見せてもらおうか、34メデューサの動きの性能とやらを。

まずはTICT VRヘッド0.4に付けてチェック。

流れが弱いとテールが沈み姿勢になってしまっています。
こうしてみると、テールが長いです。
アジはフック部分まで吸い込んでくれるんでしょうか。

続いて、34ストリームヘッド0.5gに。

VRヘッドだとけっこうテールが沈み姿勢だったのですが、ストリームヘッドにつけると案外テールが泳いでいます。
これも流れを通すストリームヘッドの形状のせいでしょうね。
テールは流れをつかんでしっかりとアクションしています。
濁りのある日に長いワームをチョイスするタイミングでは使えるかもしれませんが、ショートシャンクフックであるストリームヘッドはアジの吸い込みに対応できているのか。
アジが捕食するベイトが大きいときには、有効なワームには違いないんでしょう。

テール部分がかなり長いのでさびくだけで、しっかりとアクションしてくれます。
こういう点ではリーリングで釣れるワームなのかもしれません。
もちろんフォール中もテールがアピールしてくれると思うので、タイミングによっては使えるワームでしょう。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

 34 メデューサ 2.8インチ

 34 メデューサ 2.8インチ
価格:460円(税込、送料別)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)