0

アジングワームの動きを見てみる 34オクトパス

恒例?アジングワームの動き企画です。

今回はよく使っている34のオクトパス!
これとダイヤモンドヘッドorストリームヘッドはアジングではよく使います。
オクトパスぎんとダイヤモンド1gからスタートすることもしばしば。

釣れているのでわざわざワームの動きをチェックする必要性は疑問ですが、興味があったので。

テストの方法などは初回のテスト記事へ(アジングワームの動きを見てみる TICTギョピン)

見せてもらおうか、34オクトパスの動きの性能とやらを。
34オクトパスぎん

まずはTICT VRヘッド0.4に付けてチェック。

ギョピンに比べるとよく動いています。
この水流の弱さでも尾の部分がプルプルしているのがよくわかります。

続いて、34ストリームヘッド0.5gに。

相変わらずストリームヘッドはよく流れを通します。
引き抵抗があまりないジグヘッドになるので、実釣時にはいまいち感じがわかりませんがワームへのアクションがしっかり伝わっています。
ワームの付け方が悪いんですこしワームがしりあがりになっていますが、まっすぐ取り付ければまっすぐになりますね(汗
34同士なので相性もいいでしょね。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

(株)34 オクトパス 1.8インチ ぎん

(株)34 オクトパス 1.8インチ ぎん
価格:461円(税込、送料別)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)