0

アジングワームの動きを見てみる ブリーデンNejiNeji 50mm

恒例?にアジングワームの動きチェック企画です。

今回は、ブリーデンのNejiNejiの50mm。
使ったことがないブリーデンのワームなんですが、店頭で見て形状が独特で気になったのでチェックしてみたいと思います。

ブリーデンNejiNeji

テストの方法などは初回のテスト記事へ(アジングワームの動きを見てみる TICTギョピン)
水中モーターは改良したこちら。アジングワームアクションテストの水中モーターを改良

見せてもらおうか、ブリーデンのNejiNejiの動きの性能とやらを。

まずはTICT VRヘッド0.4gに付けてチェック。

テール部分がよく動きます。
それにしてもVRヘッドはこういう泳ぎ方をするんでしょうか。
テール部分がどうしても下がってしまいます。
何度か角度を変えてみたりするんですが、こういう泳ぎ方をしてしまいます。

続いて、34ストリームヘッド0.5gに。

やはりテールの動きがいいですね。
プルプルしていていかにもベイトを演出してくれるスイミングです。
VRヘッドと違い、水平状態で泳いでくれるのがいいのでストリームヘッド推奨です。

ちなみにブリーデンのNejiNejiは長さが50mmという表記です。
インチサイズで表記されることが多いんで、珍しいです。
インチに直すと約1.96インチ。
ほぼ2インチですね。
少し小さいサイズですが、テールがよく動くのでアピールはしてくれるでしょう。
名前がNejiNejiということで、テールがねじっています。
これが流れを掴んでアクションしてくれるんです。
今度、実釣でも使ってみようと思います。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)