1

アジは潮のヨレにいる

梅雨真っ盛り。
雨が降る日も多いですが、今年はそんなに多くない気もします。
そんなわけで、日曜の夜に近場にアジング行ってきました。

この日は中潮。
最近、いろいろな釣りをやろうと思って二兎追うものは一兎をも得ず状態なので、ジグ単のアジングタックルのみで臨みます。

上げ7分ぐらいでポイントに。
とりあえず、最近渋いので34ストリームヘッド1gにペケリング2インチのノレソレネオンをセット。
キャスト後5カウント。
アタリなし。

続いて10カウント。
20cmないアジがヒット!
幸先いいです。

再現性を確認すべく10カウントで試しますが、アタリなし。
15カウント、20カウント、5カウントと試しますがアタリなし。
10カウントを微妙にズラしながら、何度かキャストすると同じサイズが。

ポツポツとアジが点在しているのでしょうか。

少し立ち位置を変えてみます。
常夜灯の灯りが一番明るい場所に。

キャスト。
10カウント。
アクション後にさびくと、ジグヘッドの抵抗がある箇所があります。
と、アジが!
今回はかなり引きます。
これは!
23cmぐらいのアジ。
20cmを超えてくると結構引いてくれるので、楽しめます。

どうやらこの抵抗がある箇所は潮のヨレがあるようで、そこにサイズがあるアジがいそうです。
そのあと、サイズがまばらですがそこそこ釣れ続けます。

この潮のヨレですが、以前のロッドだと分からなかかったかも知れません。
というか、ジグヘッドの重さをしっかりと感じることができるようになった気がします。
アジングロッドのバランスチューンをやったおかげでしょうか。
これが上位クラスのアジングロッドだとよく分かるのかもしれません。
今の月下美人アジング611L-Sは使い続けて約1年。
メンテナスのおかけで錆もなく調子もいいです。
おそらく手持ちのロッドの中では一番コストパフォーマンスがいいロッドです。

今回のアジング釣行ですが、少し釣り方を変えてみました。
いつもならアクション後にさびくのですが、少し長めにさびいていました。
0度から45度ぐらいにアクションをして15度ぐらいまでフリーフォール。
そのあとロッドを立ててさびいていますが、ポイントに寄ってですが100度ぐらいまでさびくようにしていました。
ロッドでさびくとジグヘッドの抵抗感、ジグヘッドの速度を調整しやすいのでこの方法だったのですが、リーリングでやってみました。
アクション後にリーリング。
これだとさびく距離を長めにとっても、いつも同じ角度でアワセができます。
難点は速度がイマイチつかめないことです。
この日は、リーリング速度をいろいろと試してみたのですが、ゆっくり巻くとアジが。
少し早く巻くとメバルが。
といった感じです。
再現性があまりなかったので、確実にアジが!メバルが!ということではありませんが。

結局この日は、なかなかアジが釣れてくれたのでしっかりとアジングを楽しめました。
アジ
こういうアジングだと飽きが来ないので楽しいです。

最後まで読んでいたただきありがとうございます。
クリック応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

ダイワ(Daiwa) 月下美人 AJING 611L−S 01473785

ダイワ(Daiwa) 月下美人 AJING 611L−S 01473785
価格:10,060円(税込、送料別)

(株)34 ストリームヘッド 1.0g

(株)34 ストリームヘッド 1.0g
価格:411円(税込、送料別)

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下の空欄に入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)